常識を変えるDysonのドライヤー

いったい、何が違うというのか。

ダイソン【Dyson】のヘアドライヤーには、
独自のテクノロジーが搭載されているというのだけれど。


グローバル製品開発ディレクターの、トム・クローフォード。
彼の言葉がすべてを物語っています。

「風が高速なだけでは、
髪をすばやく乾かすことはできません。
風圧と気流の適切なバランスも必要です。
風をコントロールして安定させなければなりません」

本体に埋め込まれたマイクロプロセッサーによって、
温度センサーから送られるデータをもとに、
発熱体を的確にコントロールしています。

ガラス球サーミスタ(温度センサー)は、
風の温度を毎秒20回測定して、
マイクロプロセッサーに伝えます。

ダイソン デジタルモーター V9は、
Dyson Supersonicヘアードライヤーを支えるパワー。
他社のドライヤーのモーターと比べて
最大8倍で高速回転し、重さは約半分です。

Air Multiplier(エアマルチプライアー) テクノロジーでは、
吸い込む空気の量を3倍に増幅して、
高圧・高速の気流を生み出します。


これらのテクノロジーによって、
過度の熱によるダメージを防ぎ、髪の輝きを守ります。

そして、他のドライヤーより速く乾かすことができます。

一度使えば、そのテクノロジーのとりことなって、
もうDyson Supersonicヘアードライヤー以外の
ヘアドライヤーを使う気にはならなくなります。

あなたの、常識を、変えてみませんか。

Dyson Supersonicヘアードライヤー